校旗


◆新潟小学校校旗

 平成元年4月1日、大畑小学校との統合により、新しい
新潟小学校として出発するにあたり樹立された校旗です。
 新しい校旗のデザインは、従来の新潟小学校の校章を
中心にすえ、日本海の海の色を表す青を地の色としました。
 明治期、公認貿易港五校の一つとなった新潟港を
象徴した「五」の字を図案化したものを中心にデザイ
ンされています。


◇統合前の校旗

<新潟校>

 明治39年、新潟港に東伏見宮が寄港した際、当時の八
木新潟市長が、東郷平八郎海軍大将に新潟小学校の校
旗の文字を書いてくださるようお願いしました。しかし、列車
の発車時刻が迫っていたため、東郷大将は、帰京後、揮ご
うして、送ったといいます。それを校旗に仕立てたのが、こ
の旗です。平成元年まで新潟小学校の式典で使用されて
いました。


<大畑校>

 校旗に描かれた校章は、丘陵地に深く根をはる植物の様
を市章に配し、「大畑」の文字を冠して図案化したものです。



<礎校>

 校旗に描かれた図柄は、市章と常緑樹の葉と礎の文字を
組み合わせたものであり、常緑樹のように若々しく伸び友情
で結びあう礎小学校を象徴しています。